失敗しない浮気不倫調査方法

裁判で有効な証拠とは

裁判で採用される有効な証拠とは

裁判でも採用される不貞行為の証拠とは、肉体関係があったことを証明することができる証拠のことです。
つまり、浮気不倫の発覚の一番の理由と言われている、メールなどでのやり取りや、ツーショット写真だけでは肉体関係があったかどうかを証明することができませんので、不貞行為の証拠とはなりえません。

また、ラブホテルの出入りの写真が一枚あっただけでも証拠としては不十分とみなされます。
一回だけでは、いくらでも言い逃れができるからです。
ただ、例えば離婚をしたいとか、相手に浮気不倫を認めさせたいのであれば、有効な証拠にはなるとは思います。
慰謝料請求の裁判で有効として採用してもらうには、具体的に次のような証拠が必要になります。

有効の証拠の具体例

不貞行為で慰謝料を請求する裁判で、有効な証拠として採用されるものとしては以下の事例があります。

複数回のラブホテル出入りをしている写真。
長時間、ラブホテルに滞在していることがわかるもの。
複数回、相手宅に出入りしている写真。
証言を録音したデータ。
これらは直接的に不貞行為を立証するための証拠になりえます。
また、客観的に立証が可能な証拠としては、次のものがあります。
浮気不倫相手と宿泊したホテルの領収書。
不貞行為を裏付けるクレジットカードの明細。
不貞行為を記した手紙やメモ、日記等。
直接的な証拠と共に、この客観的な証拠も合わせて提出をすることで、ただの状況証拠ではなく、有効な証拠として取り扱ってもらえる場合もあります。