失敗しない浮気不倫調査方法

浮気不倫調査をする上でゴール設定がいかに大切か

法律上での浮気不倫とは

浮気不倫を法律上では不貞行為と呼びます。
そして、法律上での不貞行為とは肉体関係があって、はじめて不貞行為とみなされます。

つまり、いくら私たちがデートした、キスをしたから浮気だ、不倫だ、と騒いだところで、法律上では意味がないということです。
また、不貞行為とは夫婦間での貞操義務違反にあたり、慰謝料を請求することができます。
この夫婦間というは、内縁関係にも適用されます。
婚姻関係になくても、それ同等に生活を共にしていれば、不貞行為に慰謝料請求ができる、というわけです。
また、慰謝料というのは、相手の行動によって傷ついたことに対して、その賠償をしてもらうことです。
まずはこの点をしっかりと理解しておく必要があります。

何をもって不貞行為とみなされるのか

浮気不倫の調査をする上で、前述した法律上での不貞行為の定義が大切になってきます。
パートナーの浮気不倫に対して、きっちりと慰謝料を請求して、清算させたいと考えている方は特に知らないといけない項目です。

不貞行為とは、肉体関係をもってはじめて不貞行為をみなされますが、一回の肉体関係だけでは不貞行為とみなされません。
こうみると、法律は意外と寛大なのかもしれませんね。
また、裁判で争う場合、裁判で有効な証拠、裁判で意味がない証拠があります。
これに関しては、次の項目で詳しく書いていきますが、浮気不倫疑惑に対して、慰謝料を請求するには、かなり具体的な証拠集めが必要なる、ということを理解しておく必要があります。