失敗しない浮気不倫調査方法

浮気不倫調査をする上でゴール設定がいかに大切か

浮気や不倫というと、あなたにとって、どこからが浮気不倫になりますか? 友達同士で、このテーマで話し合うと実に様々な意見が出てくるのではないでしょうか。 厳しい人だと、二人きりで会っただけでもNGという方。 手をつなぐくらいならOKだけど、キスは完全に浮気不倫だ、という方もいらっしゃいます。

裁判で有効な証拠とは

法律上、不貞行為とみなされ、慰謝料の請求をできるほどの証拠とはどのようなものなのでしょか。 前述した通り、肉体関係が2回以上あってはじめて不貞行為とみなされますが、それを証明するためにどうすればいいのか。 今回は、裁判で有効な証拠とは、をテーマにしていきます。

調査をパートナーに悟られないことと問い詰めるタイミング

裁判で慰謝料を請求するために有効な証拠は果たして自分一人で集めることができるのでしょうか。 確かに、時間とお金をかければ不可能ではないとは思います。 ただ、多くの場合は探偵事務所などの専門業者に依頼することが多いと思います。 また、不倫浮気調査をする上で注意したい点は、単に証拠集めだけではありません。

浮気不倫の法律上の定義

パートナーに浮気や不倫の疑惑を抱いたとき、どうすればいいのでしょか?
これを読まれている方のほとんどは、パートナーが浮気や不倫をしているのでは疑っており、それに対して調査をしようと考えている方だと思います。
ここでは、失敗しない浮気不倫の調査方法や、注意すべきことを書いていきます。
ただ、まずは大前提としてその浮気不倫の調査をした結果をどのように使用していくのか、つまりゴールをどこに設定するべきかをしっかりと決めておく必要があることを知ってください。

浮気不倫をしているようなパートナーとは慰謝料をしっかりともらって別れたい、という人もいらっしゃると思います。
そのためにきっちり証拠集めをしようと考えている方から、浮気不倫の相手とただ別れて欲しくて、証拠集めをしようと考えている方もいるでしょう。
浮気不倫調査をするのは両者とも同じではありますが、前者の場合だと裁判にまで進む可能性があるので、裁判でも有効な証拠集めをしなくてはなりません。
ただ相手に証拠を突き付けて、浮気不倫相手との関係性を解消させたいという方は、必要な証拠が違ってくるのです。
浮気不倫調査をする上で、自分で調査をするのか、探偵事務所に依頼するのか、という選択肢があります。
これから具体的に説明をしていきますが、裁判で有効な証拠となると、素人が一人でやるには、時間そしてお金も結構かかってしまう可能性があります。
今回は、浮気不倫調査で失敗をしない方法、というテーマで書いていきますので、ただ単に相手に問い詰めたいと考えている場合と、裁判でも有効な証拠とはどのようなものかの両方を記載していくつもりです。
まずは、あなたがどこをゴールとして設定しているかを明確にしたうえで、参考にしていただければと思います。